美肌にデトックス!?身近な植物「アロエ 」の美容効果にビックリ!

昔から火傷の薬として塗ったり、健康食として食べたりと重宝されてきたアロエですが、今はヨーグルトなどに含まれて食品としても人気がありますよね。それもそのはず、アロエは健康効果を始め、美容やダイエットにも効果を発揮する万能植物なんです。

今回はそのトゲトゲした見た目からは想像もできないような、女性に嬉しい効果を発揮するアロエの美容効果についてまとめてみました。

アロエの種類

ご家庭でアロエを栽培している方も多いでしょうが、実はアロエは300種類以上もあると言われています。中でも日本で多く栽培されているのは次の3種類になります。

キダチアロエ

原産国は南アフリカですが、日本の気候によく合っていることから多く栽培されています。

日本の薬事法では医薬品として使用することが禁じられていますが、化粧品や食品などには多く利用されています。苦味が強いのが特徴なので、食品の場合は甘い食材などに混ぜてあることが多く、食感を楽しむことができますよ。

ケープアロエ

こちらも南アフリカ原産のアロエですが、日本国内のドラックストアや薬局で販売されているアロエが含まれた医薬品はほとんどこのアロエが原料となっているでしょう。

アロエベラ

温暖な気候を好むので、寒い季節がある日本ではなかなか栽培が難しかったようですが、需要が多いせいか研究が進み、今では日本でもアロエベラの栽培が行われています。

医薬品や食品にも使用されていますが、美容成分が含まれていることからスキンケア商品に使われていることが多いアロエです。

アロエに含まれる有効成分

アロエを口にしたことがある方はわかるでしょうが、その味は見た目からは想像できないほど「苦い」です。その苦味成分が「アロイン」ですが、このアロインには便秘を解消したり、胃を丈夫にする効果があります。またアロインは体内で「アロエエモジン」という成分に変換しますが、この成分も胃を健康に保つ効果があるので、胃が弱っている時にはオススメですよ。

「アロイン」はキダチアロエとアロエベラに含まれていますが、アロエベラの場合は除去して使用することが薬事法で義務付けられているようですね。

アロエの葉肉に含まれているのが「ムコ多糖類」ですが、これは火傷や日焼けによって起こる皮膚の炎症を抑制するうえに免疫効果もあるので、皮膚の組織ごと修復してくれるでしょう。

他にも美白効果がある「アロエシン」「ビタミンC」などが含まれています。

アロエの美容効果とは?

ご紹介したようにアロエには様々な種類がありますが、美容に効果的な種類は「アロエベラ」です。

アロエベラに含まれている「アロエシン」という成分は、メラニン色素を生成する「チロシナーゼ」という成分の活性化を抑制してくれるので、美白効果があると言えますが、その効果は同じく美白効果で有名なビタミンCに匹敵します。

また日焼けした肌の熱を取り除き、炎症を抑える効果もあるので、日焼け後のケアをするクリームやジェルにアロエエキスが含まれているモノが多いですね。

アロエベラには他にもビタミンやミネラル、多糖類が含まれているので、シミやソバカスを防いだり、保湿効果も期待できますよ。

ニキビ予防にも効果的

アロエには抗炎症作用や抗菌作用があるので、ニキビの予防や改善にも役に立ちます。

ニキビの原因となっている「アクネ菌」を殺菌して、ニキビの炎症を抑えたり、組織修復作用もあるので、ニキビ跡を改善してくれる効果もあるでしょう。

コラーゲンを活性化させる効果

アロエベラには、美肌をキープするためには欠かせない成分である「コラーゲン」を活性化させて増やす効果があります。

そもそもコラーゲンは体内に存在するたんぱく質の1種で、肌にハリを与えたり、ツヤを出したり効果がある成分です。しかし紫外線の影響や加齢が原因で徐々に体内のコラーゲンは減ってしまうので、段々と肌のハリやツヤが失われていってしまいます。そこでアロエベラによって体内のコラーゲンを活性化させることで、コラーゲンが増えて役割をきちんと果たしてくれるというわけですね。

さらに効果を望むのであれば、コラーゲンの生成に欠かせないビタミンCと一緒に摂取するのがオススメですよ。

ダイエット効果もあり

アロエに含まれている成分には様々な嬉しい効果がありますが、その相乗効果の1つにダイエット効果も含まれています。

「アロイン」の効果

アロインには便の排出を促す作用があるので、便秘を改善してくれる効果につながります。特にダイエット中は栄養が偏りがちで便秘になりやすいので、なかなか痩せないという悩みを抱えている人も多いですが、アイロンはほど良く腸を刺激して、腸内に溜まっている宿便も排出してくれるので、新陳代謝アップにもつながると言えるでしょう。

「アロエマンナン」「ムチン」「サポニン」の効果

体内でエネルギーとなって消費されなかったブドウ糖は、中性脂肪に変わって体内に蓄積され、それが肥満などの生活習慣病にもつながります。その中性脂肪を減らしてくれる効果があるのがこの3つの成分です。

アロエでダイエットするポイント

アロエをダイエットに役立てたい場合は、なんと言っても美味しく食べることが一番のポイントです。数多いアロエの中でも癖が少ない「アロエベラ」の葉肉は、ゼリーみたいな食感で食べやすいので、アレンジを楽しんでみてください。

例えば刻んでヨーグルトやサラダに混ぜたり、ハチミツ漬けにしたり、ところてんのような感覚で麺つゆにつけて食べるのも良いですね。

便秘が解消されると腸内の善玉菌が増えて腸内環境が整い、不要な老廃物もスムーズに排出されるようになります。これがいわゆる「デトックス」ですが、ダイエットだけではなく肌トラブルや血液をサラサラにするという嬉しい効果も得ることができますよ。しかし食べ過ぎるとお腹が緩くなってしまう可能性もあるので、様子を見ながら調整していきましょう。

アレルギーには要注意!

アレルギーの原因となる花粉やダニ、牛乳、小麦、卵を「アレルゲン」と言います。アロエもアレルゲンの1種と言えますが、どのような人にアレルギー反応が出るかはわかっていません。

アロエに触れた場合のアレルギー症状としては、かゆみ、痛み、赤い発疹などがあります。アロエを食べた場合のアレルギー症状としては、口内やのどにチクチク感やしびれのような違和感を感じたり、腹痛や下痢になる可能性もあります。

アロエは健康、美容、ダイエットと様々な効果を発揮する万能素材なので、身近なモノに使用されている場合も多々ありますが、例えば石鹸や医薬品など、アロエが含まれているモノとは知らずに使用してアレルギーが出た場合は、アロエが原因だとは気が付かない場合もあるので、アレルギーを起こした場合は必ず全ての原材料を確認する必要があるでしょう。

アレルギーは軽い症状からアナフィラキシーショックのような命に危険を及ぼす症状まであるので、アレルギー体質の方は、使用前にパッチテストを行って予防することをオススメします。

美白もニキビ予防もダイエットも!アロエを活用して美肌をキープしよう!

観葉植物として家に置いてあるアロエにこんな優秀な美容効果があるってご存知でしたか?

シミ・ソバカス予防のスキンケア商品、入浴剤、胃腸薬や便秘薬にも使われているアロエは、もちろんそのまま食べても良いので、是非苦味の少ないアロエベラの葉肉を食生活に取り入れてみて下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました