疲れ顔からおさらば!頑固なクマの取り方とは?

クマが目立ってしまうと、顔全体も疲れた暗い顔になりがちになります。しかもなかなかクマは一度付いてしまえば取る事が出来ずに、困り物。女性はメイクで誤魔化す事が出来ますがそれでも限界はありますし、男性の場合は誤魔化す事もほとんど出来ない為、頑固なクマと付き合っていくのも一苦労。

そこで今回はクマのせいで疲れ顔になっている人へ。頑固なクマの取り方について注目していきます。

クマの種類とは?

クマにも種類があります。青くなっているクマは青クマ、黒くなっているクマは黒クマ、茶色っぽいクマは茶クマ。クマの種類によって特徴や原因が異なる為、自分がどのクマなのかという事を知っておかないと、クマの取り方をいくら実践しても間違っていれば意味はありません。クマの取り方を知る前に、自分はどのクマなのか鏡で観察をしてみましょう。

青クマ

青クマの主な原因は血行不良によるものです。血行不良となってしまえば、血管にはスムーズに血液が流れて来ないため、血管の青白い色が肌に浮き出てしまうのです。目の下の皮膚は特に皮膚の中でも薄い為、血行不良となってしまえばあっという間にその下の血管が見えてしまうという仕組み。

特に連日仕事で疲れている人、ストレスが溜まっている人に多いという特徴があります。最近寝ていない人や睡眠不足だという人、貧血気味だという人は青クマの可能性が高いので心当たりがないか振り返ってみましょう。

また青クマの取り方は生活習慣を正す事が重要なポイントとなってくるので、青クマの人はどの程度自分の生活リズムが乱れているのか自覚する必要もあります。

黒クマ

主に加齢などが原因で出来てしまう黒クマは、皮膚のたるみやコラーゲン不足などによって引き起こされてしまうクマです。また無理なダイエットによって肌の栄養が不足をしてしまえば出来てしまうものでもあるので、特に女性は注意をしたいクマだと言えるでしょう。

黒クマの場合は皮膚のたるみが原因である為、それさえ改善してしまえば簡単に取る事が出来るクマでもあります。黒クマの取り方を実践した事によって、同時に肌のハリや調子を整える事も出来るので、黒クマと共に肌のハリなどを取り戻したい人は積極的に取り方を試してみるといいかもしれません。

茶クマ

茶クマの原因は肌へのダメージ。紫外線によるダメージや自分には合わない化粧品を使った場合、メイクの落とし忘れによる色素沈着によって茶クマは出来てしまいます。クマの中でも特に頑固なものとなるので、取り方を知ってからは長い目で茶クマを取り除いていく必要があります。

また肌へのダメージは誰でも受けるものでもある為、誰もがなる可能性があるものでもあります。女性に多いと思われがちですが、紫外線対策をしない男性も茶クマになる可能性は十分に高い為、日頃から茶クマ予防、そして取り除く為のケアが重要となります。

クマが出来てしまう原因って?

クマが出来てしまう原因はたくさんあります。その中でも特に注目する3つのものは、先程紹介した3種類のクマを作る原因にもなっています。クマの原因というものは一種類だけに限らず複数ある為、いくつか重なってクマを作り出している可能性もあり、それはより頑固なクマへとなっているのです。クマを取る為にも、出来るだけクマの原因を知り、少しでもクマの原因を作らないように対処をする事が大切です。

血行不良

青クマの主な原因でもある血行不良ですが、もともと目の下の皮膚は薄い為、他のクマと同時に血行不良が原因で青クマのようなものが出てしまう事もあります。血行不良が原因でクマが出来てしまうまではあっという間なので、運動不足、睡眠不足、栄養不足や貧血気味の人は注意が必要です。

老若男女問わず、クマで最も多いのはこの血行不良によるもの。誰もが明日にでもなる可能性があるクマと言っても過言ではないので、出来るだけ日頃から血行不良にならないように意識をしておく必要があると言えるでしょう。

皮膚のたるみ

黒クマの主な原因にもなる皮膚のたるみは加齢と共に現れやすくなってしまう為、なかなか予防や対策をする事は難しいものでもあります。自然と出来てしまうものでもある為、40代を過ぎた男女のほとんどは黒いクマが目の下に浮き出ていると言ってもいいかもしれません。

しかし皮膚のたるみは筋力の衰えやコラーゲン不足によるものなので、対処をする事も出来ます。まだ皮膚のたるみによるクマが現れていないという人は今後出る可能性も考えて、予め対処をしておくといいかもしれません。
日常的な肌へのダメージ

紫外線のダメージや、肌に合わない化粧品など、肌は様々なダメージを受けやすい場所でもあります。特に目の下の皮膚は薄く弱い為、そういったダメージの影響は一段と出やすいと言っても過言ではありません。

メイクの落とし残しによる色素沈着や紫外線によるダメージは特に女性が受けやすいものなので、ダメージをなるべく受けないように気をつける事の他に、ダメージを受けてしまった場合のケアは必要不可欠にもなります。

また、男性の場合は女性ほど肌への意識が強くないため、ケアを忘れがちになっているとも言えます。紫外線のダメージはかなり大きい為、頑固な茶クマを作らない為にも日焼け対策は万全にしておきましょう。

簡単に出来るクマの取り方

クマの種類や原因がわかったら、次のクマを取る為の取り方を知って実践していきましょう。クマの種類や原因さえわかれば注意をする事や心掛ける事を意識して、取り方を実践していくことにより、さらに効率的にクマを取り除く事が出来ます。クマを取る為には長い目でやっていく事が大切なので、出来るだけ毎日継続して行うようにしてみましょう。

マッサージで血行促進

血行不良によるクマは多くの人が出来ているものでもある為、出来るだけ血行促進に関しては誰もが意識をしておきたいポイントだと言えます。

目の周りを軽くマッサージする事によってリンパを刺激していき、血行促進をする事が出来ます。目の周りは特に眼精疲労などによって血行不良になりがちになるので、出来るだけ気付いた時に軽いマッサージをするように心掛けてみましょう。

また代謝が良いときのほうがマッサージの効果や血行促進効果を得る事が出来るのでお風呂に入っているときやお風呂上がりが効果的です。マッサージが苦手だという人はホットアイマスクや蒸しタオルなどで目の周りを温めて血行促進を促していくと、血行不良も改善されていくので是非試してみましょう。

肌への栄養補給と化粧品でケア

肌はターンオーバーなどが正常に行われていないとどんどん衰えてしまいます。同時にダメージを受けやすくなってしまう為、よりクマが目立ちやすくなってしまいます。

他のクマの取り方と並行して行っていきたいのが肌への栄養補給と化粧品による徹底したケア。特にビタミンCを中心に摂るようにしておくとクマも徐々に目立たなくなっていくので、ビタミンCを多く含む食材を中心に食べてみたり、必要であればサプリメントで補給をするようにしましょう。

化粧品でのケアに関しては、クマ専用の美容クリームの他にも美白化粧品などがオススメです。ケアをしておけば肌のコンディションも整える事が出来るので、他の取り方と同時に肌のケアも徹底してみましょう。

眼輪筋を鍛える

加齢によってクマはどんどん出来やすくなってしまいます。取り方を実践したとしても加齢による衰えは対処をしなければ対応する事が出来ない為、目の周りにある眼輪筋という筋肉を鍛えてみましょう。

鍛え方は簡単で、目を強く閉じて5秒キープ、その後目を大きく開いて5秒キープというものを繰り返すだけ。目の周りの筋肉が鍛えられる事によってハリが生まれていき、クマが徐々に目立たなくなっていきます。

まとめ

クマの取り方は、自分のクマの種類や原因を知る事が大切です。自分のクマの種類や原因ではない事を意識して取り方を実践したところで効果が出ないのは当然の事。

今回紹介した事は、クマの種類や原因、そしてクマ全般の悩みを解消する事の出来る取り方なので、クマが気になる人は是非チェックしてみましょう。自分のクマがよくわからないという人は、自分の生活リズムから照らし合わせてみたり、今回紹介したクマの取り方はクマ全般の悩みを解消するものなので、やってみるとクマを取り除く事が出来るかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました